夏にシバレ体験をしてみよう。氷の海の神秘が一堂に。

 オホーツク海は世界で最も南に位置する、凍る海です。凍った海に、北から流れてくる氷が合流して、毎年1月から3月にかけて白い大陸が出現します。その氷の海のメカニズムや不思議、冬の海で生きる生き物たち…。そして流氷の海が繋いだ北海道と大陸の歴史などに触れることができます。300インチの大画面シアターで見る「流氷の世界と網走の四季」は圧巻。流氷の天使「クリオネ」もいますよ。

オホーツク流氷館

オホーツク流氷館

網走市天都山245-1
TEL:0152-43-5951
開設時間:8時~18時(夏季)
休館日:なし
(年末年始は10:00~15:00)
入場料:
大人520円、高校生420円、
小学生・中学生310円

立花 梨絵さん

オホーツク流氷館
ご案内カウンター係

立花 梨絵さん

「ここは天都山山頂にあり、名勝の地でもあります。展示室のほか、外の眺望も楽しんでくださいね」

「流氷体験室」には今年採集した約120トンの流氷が入っています。室内温度はなんと-20度で、濡れたタオルを振り回すとたちまち凍る!面白体験もできます。